ウェイクTOPウェイク評価>ウェイク人気グレードの比較

ウェイクの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?


※出典:ウェイクの画像daihatsu.co.jp

 

ウェイクは、ダイハツから発売されている背の高さが特徴的なトールワゴン軽自動車です。

 

「ドデカクつかおう!」のCMでお馴染み、キャンプやスノーボード・サイクリングなど色々な楽しみ方をアピールしています。

 

アウトドア好きの方にピッタリで、室内空間が広く使い勝手の良さが最大の売りとなっています。


これからウェイクの購入を検討されている方々に、装備・値段・燃費、リセールバリューなどの違いをグレード毎に比較しているので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ウェイクの価格が一番安いグレードは?

 

 

ウェイクD 1,360,800円

 

ウェイクの中で一番安いグレードは、「D」です。


一つ上のグレード「L SAⅡ」と比べて194,400円安い設定です。


この「D」を最低限のオプションで購入すれば、新車で一番安くウェイクを買う事が出来ます。


では、いくらで買えるのかシミュレーションしてみましょう。

 

購入グレード ウェイクD
車両本体価格 1,360,800円
装着オプション 無し
オプション金額
0円
諸費用・税金
100,390円
▲140,000円
支払総額
1,321,190円

 

オプションは一切無し、フロアマットもナビも付けずに車両からの目標値引きを達成したと仮定して、支払総額は約132万円となりました。


フロアマットはネット通販なら純正品の半額程度で購入できますし、カー用品店には色々なデザインのマットがあります。


ナビはディーラーで付けても良いですが、カー用品店の方が安い事が多いです。


一つ上のグレード「L SAⅡ」になると、約19.4万円価格が上がります。

 

上位グレードと比較すると「D」グレードは、リーズナブルな値段で購入する事が出来ます。

 

 

ウェイクDの価格は安いが省かれる装備も大きい

 

価格の安い「D」ですが、その分省かれる装備があります。

 

 

〇衝突回避支援システム スマートアシストⅡ

 

「D」にはスマートアシストⅡが装備されていません。

 

スマートアシストⅡとは衝突回避支援システムで、「自動ブレーキ」・歩行者や車両への「衝突警報機能」・居眠り運転の防止に役立つ「車線逸脱警報」・アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐ「誤発進抑制機能」・「先行車発進お知らせ機能」などがあります。


予算に余裕があれば欲しい装備です。

 

プラス64,800円で衝突回避支援システムが標準装備されている「D SAⅡ」があります。

 

 

〇スマートキー/プッシュボタンスタート

 


「D」以外のグレードに標準装備されています。 「D」ではリモコンでロック・アンロックが出来るキーレスエントリーが付いています。

 

鍵を出さなくともドアの開閉・エンジンの始動が出来るスマートキー、プッシュボタンスタートは利便性に優れていますね。

 

 

〇両側パワースライドドア


「D」以外のグレードに標準装備されています。

 

ワンタッチオープン・予約ロック機能付きで大変便利な装備となっています。

 

又、子供がドアの開閉をする時も安心ですね。

 

売却時にもプラス査定になりますし、ぜひ欲しい装備です。

 

 

ウェイクの一番価格が高いグレードは?

 


ウェイクGターボレジャーエディションSAⅡ 1,717,200円

 

ウェイクの中で一番価格が高いグレードは、「Gターボ レジャーエディションSAⅡ」です。


実際に値引きも含めて「Gターボ レジャーエディションSAⅡ」がいくらで買えるのか?

 

一般的なオプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

 

購入グレード ウェイクGターボ レジャーエディションSAⅡ
車両本体価格 1,717,200円
メーカーオプション パールホワイトⅢ
メーカーオプション価格 27,000円
ディーラーオプション ワイドバイザー
フロアマット
安心ドラレコプラン
バックモニター
ETCスタンダードモデル
ディーラーオプション金額 319,745円
諸費用・税金 115,490円
車両値引き ▲140,000円
オプション値引き(20%) ▲63,949円
支払総額 1,975,486円

 

先程シミュレーションした、オプション無しの「D」の支払総額と比べて、約65万円ほど高くなりました。


この差額を高いとみるか安いとみるか、装備やオプション、燃費などの維持費などを考慮して判断することになります。

 

 

ウェイクGターボ レジャーエディションSAⅡで人気の装備は?

 

一つ下のグレード「Gターボ SAⅡ」との差額は約4万円ほどになります。

 

「レジャーエディション」はウェイクの最大の特徴であるレジャー用途に的を絞り設定された新グレードで、ウェイクならではの世界観を強調しています。

 

4万円高い分、プラスされる「レジャー装備」があります。

 

 

〇イージーケアフロア

 


防水効果のある樹脂製フロアです。

 

家族や友人と山などに出かけ、靴に泥汚れがついていても安心。樹脂製フロアなので簡単に拭き取ることができます。

 

アウトドアなどに出かける方には嬉しい装備ですね。

 

 

〇ユーティリティフック&荷室床面フック&固定ベルト

 


小さな物から大きな荷物まで、固定可能な標準装備です。

 

大きな荷物を積む、キャンプや海水浴へ出かける時に大変便利です。

 

 

〇15インチアルミホイール

 


他グレードは14インチが標準装備ですが、15インチのアルミホイールが標準装備されています。

 

ホイール径が大きくなると見た目もかっこよく決まりますね。

 

デザインもアウトドアを感じさせるデザインになっています。

 

 

ウェイクの燃費が一番良いグレードは?

 

 

D・SAⅡ/L SAⅡ/LレジャーエディションSAⅡ 25.4km/L

 

ウェイクの燃費が一番良いグレードは、「D・SAⅡ/L SAⅡ/LレジャーエディションSAⅡ」です。


「D・SAⅡ/L SAⅡ/LレジャーエディションSAⅡ」の平均実燃費は20.16km/Lです。


カタログ燃費との差は約5km/Lで、実燃費も優秀でユーザーの方も満足できると思います。

 

 

ウェイクD・SAⅡ/L SAⅡ/LレジャーエディションSAⅡはガソリン満タンで何キロ走る?

 

ウェイクの燃料タンクは36Lです。

 

取説ではガソリン残量が約6Lで残量警告灯が点灯するので、残量6Lまで走行したと仮定します。

 

すると、

 

36L-6L=30L
30L×実燃費20.16km/L=604.8km

 

ウェイクは満タンでおよそ605km走る計算になります。無給油で大阪~埼玉へ移動できる計算ですね。

 

実際にはエンプティマークが出るまで高速道路を走行するのはガス欠が怖いので、早めの給油が必要でしょう。

 

 

ウェイクの一番燃費が悪いグレードは?

 

ウェイクGターボSAⅡ/Gターボ レジャーエディションSAⅡ 23.8km/L

 

ウェイクの中で一番燃費の悪いグレードは「GターボSAⅡ/Gターボ レジャーエディションSAⅡ」です。


ターボエンジン搭載の上、車重も約20~30kg重くなっているのが要因となっています。

 

「GターボSAⅡ/Gターボ レジャーエディションSAⅡ」の平均実燃費は16.1km/Lとなっています。

 

 

ウェイクGターボSAⅡ/Gターボ レジャーエディションSAⅡのガソリン満タンで走れる走行距離は?

 

「GターボSAⅡ/Gターボ レジャーエディションSAⅡ」のガソリンタンクは36Lなので、タンク内に6L残まで走行すると、30Lで走れる距離約483kmが満タンで走れる走行距離となります。

 

【30L×16.1km/L=483km】

 

 

ウェイクの自動ブレーキのあるグレードは?

 

 

ウェイクの自動ブレーキのあるグレードは、「D」以外の全グレードに標準装備されています。

 

「D」にプラス64,800円で自動ブレーキが標準装備されているグレード「D SAⅡ」に変更できます。

 

「SAⅡ」とは「スマートアシストⅡ」の略です。

 

 

両側電動スライドドアが標準装備のグレードは?

 

 

「D」と「D SAⅡ」以外の全グレードに両側電動スライドドアが標準装備されています。

 

ワンタッチオープン機能と予約ロック機能が付いており、雨の日などでもドアが閉まるまで待つ事無く、予約ロックをかける事ができます。

 

メーカーオプションの設定が無いため、両側電動スライドドアが欲しいのであれば「L SAⅡ」以上のグレードを選択しましょう。

 


ウェイクの一番減税の多いグレードは?

 

ウェイクの中で一番エコカー減税額が多いのは「Gターボ レジャーエディションSAⅡ」です。

 

・自動車重量税 3800円
・自動車取得税 16,000円
・自動車グリーン税制(登録翌年度) 2700円
エコカー減税合計 23,700円

 

「Gターボ レジャーエディションSAⅡ」で約23,700円が減税されます。

 

減税は値引きとは関係ないので、しっかりとウェイクの値引き相場まで値引きしてもらいましょう。

 

 

ウェイクの売れ筋グレードは?

 


ウェイクGターボ レジャーエディションSAⅡ 1,717,200円

ウェイクL レジャーエディション SAⅡ 1,598,400円

 

ウェイクの売れ筋グレードは「Gターボ レジャーエディションSAⅡ」です。


ウェイクGターボ レジャーエディション SAⅡのシミュレーションは、上記に記載しています。

 

ノンターボエンジンの売れ筋グレードは、「L レジャーエディション SAⅡ」です。

 

値引きも含めたL レジャーエディション SAⅡの見積もりをシミュレーションしてみましょう。

 

購入グレード ウェイクL レジャーエディション SAⅡ
車両本体価格 1,598,400円
メーカーオプション LEDスタイルパック、寒冷地仕様、ドライビングサポートパック、純正ナビ装着用アップグレードパック
メーカーオプション価格 111,240円
ディーラーオプション オールウェザーマット、安心ドラレコプラン(N210)ワイド エントリー メモリーナビ、ETC車載器
ディーラーオプション金額 170,014円
諸費用・税金 114,690円
車両値引き ▲140,000円
オプション値引き(20%) ▲34,000円
支払総額 1,820,344円

 

売れ筋グレードのウェイクL レジャーエディションSAⅡの値引きを含めた総支払額は、約182万円となりました。

 

 

買取相場から見るウェイクのおすすめグレードは?

 

グレードによって、数年後のウェイクの買取相場は変わります。

 

ここでは、2年後のウェイクのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

 

 

新車から2年落ちのウェイクのリセールバリューは?

 

新車登録から2年経過後のウェイクの各グレードのリセールバリューです。

 

グレード名 買取相場 新車時価格 2年後のリセールバリュー
G SA

142万円

174.9万円

81.1%

L SA

129万円

156.6万円

82.3%

X SA

130万円

166.3万円

78.1%

G SA(4WD)

144万円

187.3万円

76.8%

L SA(4WD)

133万円

169.0万円

78.6%

X SA(4WD)

130万円

178.7万円

72.7%

 

新車から2年経過時のウェイクのリセールバリューです。

 

リセールバリューの傾向としては、FFと4WDを比較すると、若干ですがFFモデルの方がリセールが残っています。

 

 

リセールバリューから見るウェイクのおすすめグレードは?

 

新車から2年経過したウェイクのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、「L レジャーエディション SA II」「G ターボ SA II」です。

 

価格の安いベースグレード「D」よりも、中級~上級グレードの方がリセールバリューが高くなっています。ターボも人気が高いので、予算と相談して用途に合うならターボを選択しても良いでしょう。

 

現状では4WDの買取相場は、FFと同等か下がってしまいます。新車価格は4WDの方が高いので、売却時の損失は多くなりますが、決して低いリセールではないので、必要な地域なら4WDを選んでも損はないでしょう。

 

 

ウェイクを安く買うなら下取り車を有効に使おう

 

もし下取り車があるなら、新車の値引き以上にウェイクの総支払額を下げる事が可能です。

 

方法は非常に簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額にはウソがある!?

 

新車を買うなら、下取り車はディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

 

ここで注意してもらいたいのは、ディーラーの下取り金額は低く見積もられる事があることです。

 

ディーラーは下取り車を低く見積もる事で、安く買い取る事が可能です。

 

安く下取り車を入れられれば、新車の値引きの補てんに出来たり、後々下取り金額をアップさせて「○○万円も高くなったのでお得ですよ!是非契約してください!」と新車販売のセールテクニックに使う事が出来ます。

 

ディーラーはメリット盛り沢山ですが、ユーザーにとっては損が大きいですね。

 

 

ディーラーの下取り金額をアップさせるには?

 

以前、管理人はフィットシャトルを新車に買い替えました。

 

その時のディーラーの下取り金額は76万円で査定されました。

 

しかしディーラーが低く見積もってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定してもらう事にしました。

 

近場の買取店へ持ち込んでも良いですが、買取店のサイトから査定を申し込むと、概算価格を教えてくれます。

 

 

査定

 

なんとディーラーよりも20万円も高い概算価格でした。

 

再度ディーラーに訪れた時に、早速「買取店は96万円が相場と言ってましよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

すると、一度奥へ引っ込みましたが拍子抜けするほどあっさりと、「ではうちも96万円にしましょう」と、ディーラーの下取り金額も96万円へアップしました!

 

この時した事は、買取店のサイトで表示された概算価格をディーラーへ伝えただけです。

 

これで20万円もアップしたので、ディーラーの下取り金額には気を付けないといけないな、と思いましたね。

 

 

ディーラーよりも高ければ買取店へ売る選択も

 

ディーラーで20万円の上乗せに成功しましたが、サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいました。

 

結果はこちらです。

 

 

 

20万上乗せされたディーラーの金額よりも、さらに高い108万円で買取ってもらいました。

 

もしですが、ディーラーの言う通り最初の76万円で売っていたら、32万円も損したことになります。

 

買取店の査定も検討して良かったと思いましたね・・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で査定を申し込み後、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

「早く自分の車の相場を知りたい方」「ディーラーの下取り金額と比較してみたい方」などには、お勧めのサービスです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

1店舗だけの査定なら買取店最大手のガリバーがおススメです。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

>>ガリバーのオンライン無料査定はこちら

 

 

ウェイクの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのウェイク値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がプリウスを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のウェイクの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ウェイク値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2014-2016 ダイハツ ウェイクを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com